2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.12 (Sun)

KATO電車庫をリアルに仕上げる

どーも、yossyです。昨年購入したKATOの電車庫を組み立てました。
着色済みのイージーキットですが、せっかくなのでリアルさを
追求すべく少し手を加えることにしました。

20170212001.jpg
屋上点検台は全体をねずみ色1号、台のフチと手すりの一部を黄橙色で
塗装します。実物写真を見ると、台から屋根上に出れる部分は一定の間隔で
柵が切れており、その部分には扉代わりの鎖などが渡されていて
警戒色の黄色で塗装されているケースが多いようです。

20170212002.jpg20170212003.jpg20170212004.jpg
台座は2種類の複線間隔に対応するため2種類含まれています。
まず建屋内部の床全体を黄橙色、1.0mm幅のマスキングテープで
マスキングしてMrカラー312(グリーンFS34227、イスラエル迷彩色)で
塗装しました。黄色い線は実物写真を参考に、段差の周囲や外壁の扉内側、
線路に接する部分に引いています。

20170212005.jpg
線路間に位置する台座は、屋上点検台の階段直下にあたる部分に
警戒色のゼブラのステッカーを貼り付けています。

20170212006.jpg
柱は両端と中央部の3箇所に設置しますが、中央部に位置する柱に
通電表示灯を設置します。作業員に架線の通電状態を知らせるものなので
1階と点検台のある2階の両方に設置されていることが多いようです。
ピンバイスでφ1.0mmの穴を開け、1mmプラ丸棒で取付け足を設置します。

20170212007.jpg
続いて2mmプラ角棒から立方体を切り出し、同様に穴を開けます。
この穴は貫通させずメクラ穴にします。

20170212008.jpg
プラ棒をGM41(伊豆急ペールブルー)で塗装し「入」のステッカーを
貼り付けてからゴム系接着剤で柱に取り付けます。
ステッカーはキット付属のものと、GMストアーでバラ売りされている
GM車両工場キット用を併用しています。

20170212009.jpg20170212010.jpg
外壁の扉はGM42(伊豆急ハワイアンブルー)で塗装します。

20170212011.jpg
せっかく柱に通電表示灯を設置したので通電開閉器も設置することに。
先日の相鉄かしわ台センターで見た実物を参考に、1mmプラ角棒と
φ0.3mm洋白線でササっと作ってみました。本体部分は銀で、
ハンドルは黄橙色で塗装しています。

20170212012.jpg20170212013.jpg
実際は建屋入口入ってすぐのところにありますが、このキットでは
柱の取付け台や点検台があるので、目立つように少し中央寄りに
設置してみました。ハンドル近くには「高電圧注意」のステッカーを
貼付してさらに自己主張させていますw

20170212014.jpg
組み立ててみたところ。屋根を外して上から見るといい感じです。
ピット線路にしたこともあって結構リアルな仕上がりになりました。

20170212015.jpg20170212016.jpg
入口から覗いてもいい感じ。人形を配置すると
活気が出てさらにいいかも知れませんね。

組み立てるにあたり、雑誌「鉄道模型趣味」でお馴染みの
機芸出版社の「資料 電車基地とその設備」を参考にしました。
やや値段は張りますが、モデラー目線で観察した資料が多く
"カユいところに手が届く"オススメの一冊です。
21:03  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.08 (Sun)

キニ19&キユニ19出場

どーも、yossyです。年末から持ち越しになっていた
郵便荷物気動車が出場しました。

20170108001.jpg
年末に間に合わなかったのはベンチレータが無かったから。
本当はモリタ製の旧型ガラベンを使うようですが、
今回はTOMIXの旧型客車用ガラベンを使用してみました。
パーツ裏側の取付け足をカットしておきます。

20170108002.jpg
ベンチレータを屋根にイモ付けすることになるので、取付位置が
不揃いにならないような工夫が必要です。まず屋根の中心線に沿って
マスキングテープを貼り、そこにゴム系接着剤でベンチレータを
仮止めします。次にベンチレータのサイドを結ぶように
マスキングテープを貼り付けます。

20170108003.jpg
最初に貼ったマスキングテープと仮止めしたベンチレータを外します。
このテープはベンチレータの端を決めるガイドになります。

20170108004.jpg
次に角が直角になるように切り出したマスキングテープを
屋根の取り付け穴を目安にガイドのテープに沿って貼り付けます。

20170108005.jpg
さらにマスキングテープを、1個前に貼り付けたテープに沿って
貼り付けます。このときガイドのテープの上に張り重ねます。

20170108006.jpg
ガイドテープと最後に貼ったテープの境目をマジックで
マーキングします。屋根にインクが流れないように注意します。

20170108007.jpg
ガイドテープ以外のテープを剥がすとこんな感じになります。
ベンチレータを取り付けるときは端をテープに合わせ、
マーキングを目安に前後の位置を決めます。手間はかかりますが
こうすることで仕上がりは大分マシになります。

20170108008.jpg
台車は付属のボルトとナット、ワッシャを使いますが、
台車が首を振るとすぐに緩んでしまいます。そこで車内側の
ワッシャとナットは瞬間接着剤で、ボルトで固定したら
てっぺんをゴム系接着剤で固定します。こうすることで
ネジが緩まず、メンテナンスも可能になります。

20170108009.jpg
車体裾にはプラ片で床板止めを取り付けます。

20170108010.jpg20170108011.jpg
完成したキユニ19-2。組み立てている途中で手すりが歪みやすいので
思い切ってプラ車体のモールドのように奥まで押し込んでみましたが
自然な仕上がりになってくれました。トイレ窓は、以前組み立てた
キハユニでいい感じだった白色プラ板を使っています。

20170108012.jpg20170108013.jpg
キニ19-1。前面の帯状の補強版が四国車の特徴です。
塗り分けた妻板の貫通扉や標記もいい感じ。
側面ドア脇の手すりはヒゲ付きで奥まで押し込めないので
インレタ貼付後、クリアー塗装前に取り付けています。

さて、まだ仕掛りのアイテムがいくつかあります。
山を崩すにはもう少し時間がかかりそうです。
18:12  |  新車導入  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.03 (Tue)

トラムレールをいじってみる

どーも、yossyです。年明け一発目は大宮で購入した
トラムレールセットをいじることにします。

20170103001.jpg20170103002.jpg
複線にできるように2箱購入しました。ステッカーは黄色い点字ブロックと
行灯型駅名板、安全地帯のゼブラマークはそのまま使えますが、
掲示板やポスター、大型の駅名板はプラ板に貼り付けて使います。

20170103003.jpg20170103004.jpg
レールは直線(S140)と曲線(C140・C177)が含まれています。

20170103005.jpg20170103006.jpg
フィーダーはレール裏のツメにセットします。

20170103007.jpg
複線にする時はジョイントで固定することができます。

20170103008.jpg20170103009.jpg20170103010.jpg
ファイントラックとの接続もこの通り。
福井鉄道の鉄軌分界点も簡単にできそうです。

20170103011.jpg20170103012.jpg
電停はベース部分と安全地帯部分に分かれています。
といってもベース部分はほとんど使いません。

20170103013.jpg
電停は直線部分に設置可能です。説明書では両面テープで
ベースを線路に固定して…とありますが、今回はレール裏側の
メクラ穴の一部を開口して使うことにします。穴はφ1.0で
目立たない上、中央分離帯ベースの取付穴としても使えます。

20170103014.jpg
設置するとこんな感じ。若干離れている気もしますが
屋根を設置すれば目立たなそうです。

20170103015.jpg
安全地帯と端部の取り付けも両面テープ方式のようですが、
走らせているうちにズレていくのは確実なので、取付け足を
介して取り付けるようにしました。

20170103016.jpg東山三条あたり
20170103017.jpg龍口寺前あたり
手持ちの車両で見たことのある風景を再現してみました。
アスファイルトタイプもいいですが、石畳タイプも
味があっていいですね。
16:23  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.01 (Sun)

謹賀新年

どーも、yossyです。新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

模型や実車、旅行など鉄道に関する活動記録的な記事を
書き溜めてきましたが、気付けば10年で425件になっていました。
ここまで続いているのは見に来てくださる皆さんのおかげです。

2017年もこのスタイルで続けていこうと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
20170101001.jpg
15:16  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.29 (Thu)

キハ60&クモエ21009出場

どーも、yossyです。年の瀬も押し迫ってきました。
いろいろ多忙ですがキハ60とクモエ21009を仕上げます。

20161229001.jpg20161229002.jpg
まずはキハ60から。ヘッドライトは種車のものを流用しますが
遮光ケースはそのままだとスムーズに嵌まってくれなかったので
両側にせり出している部分を削ぎ落としています。

20161229003.jpg20161229004.jpg
完成したキハ60-1とキハ60-101。点灯するのはヘッドライトだけですが
うまくいけばテールライトも点灯させられそうです。

20161229005.jpg
続いてクモエ21。連結器はボディーマウントTNをネジで固定しています。

20161229006.jpg20161229007.jpg
伊那松島の珍車だったクモエ21009。クモハ11235を改造した救援車ですが
平地の乏しい飯田線での救援を考慮して、増設運転台側に搬出扉を持つ
事業用車らしい特異な形態が特徴でした。

20161229008.jpg
キットでは窓ガラスの保護棒が丸棒タイプのものと、
板状タイプのものが作り分けられています。

20161229009.jpg
動力を組み込んでいないので実物と同じく車庫のマスコットに
なりそうですが、その存在感はかなりのものです。
22:40  |  製造中  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT